​ブランコを漕ぐ、たおれん棒

​出荷は10月以降を予定しています。

日本初、新方式の風力制御型倒立振子です。

製品モデル
 
TB-005PRO

 TB-005PRO/R&D

​ 

    色々なところに立てて楽しめます。(オプション品のリモコンで起動及び制御パラメータ調整できます。)

    研究開発用、パソコンと通信できTCP通信で操作モニタリングができます。

​出荷は10月以降を予定しています。

​TB-005PRO

20210908tp.png

​TB-005PRO/R&D 

Research and Development
​たおれん棒研究開発仕様

1. 概要

 たおれん棒研究バージョンはWiFi接続のTCP/IP通信で操作・モニタリングができます。

2. 接続方法

 たおれん棒はWiFiのアクセスポイントになっています。

3. 各種設定コマンド仕様

 設定読出・書込は操作機器からのコマンドで通信を行います。

  運転データの読出し

  運転データの書込み

  PIDパラメータの読出し

  PIDパラメータの書込み

  自動起動パラメータの読出し

  自動起動パラメータの書込み

  角度補正パラメータの読出し

  角度補正パラメータの書込み

4. モニタリングコマンド仕様  

  センサの値やモーターの出力値をモニタリングするには操作機器からモニタリング開始コマンドを送信します。  

  モニタリングデータはたおれん棒から連続で送られます。   

  モニタリング開始/停止コマンド

  モニタリングデータ:x軸およびY軸の傾斜角、角速度および目標角速度、モータ出力値、バッテリ電圧

240950981_4491535330898384_6311562280532192968_n.png
240996627_271640741231754_1988395199086295538_n.png
​実験例:外乱を与えての応答反応の様子

たおれん棒R&Dと、リアルタイムモニタリングソフト

​本製品(TB-001PRO)は点検棒のみとなります。