top of page

​たおれん棒

日本初、新方式の風力制御型倒立振子です。
たおれん棒は,
高所作業用DXシリーズ、実験及びディスプレー用TB-005PROシリーズの2種類がございます。

■ たおれん棒 DXシリーズ

ドローン技術を応用した高所の設備点検支援ツールです。 
ロッドの正立を自動アシスト!

 

〇たおれん棒DX8  ロッド長7.5m
     (TB-008PRO    TB-008PRO/WR(防水仕様))

〇たおれん棒DX12  ロッド長11.5m
     (TB-012PRO    TB-012PRO/WR(防水仕様))

たおれん棒DX15  ロッド長14.5m (発売予定)
    (TB-015PRO    TB-015PRO/WR(防水仕様)

8m2.jpg
IMG_8687.JPG

​先端500gペットボトル 2本搭載

14m.jpg
dd.jpg
14mのポール単体では、人力では支えることが不可能な高さですがパワーユニットを搭載することにより立てることができます。
先端には500ccペットボトルを錘として搭載しています。
IMG_8667.JPG

パワーユニット

​パワーユニット

ロッド例
11.5m BiRod

〇撮影事例

ビル壁面⓵M3.JPG

 Mavic 3T on DX12

DJI Pocket 2 on DX12 

 Mavic 3T on DX12

 Mavic 3T on DX12

DJI Pocket 2 on DX12 

DJI Pocket 2 on DX12 

〇搭載カメラ事例 1(Mavic 3T Enterprise 920g)

ロッドに取り付ける遠隔操作用のカメラをいろいろと試しましたが、ドローンを取り付けるほうが操作性、特にピント合わせ、電波の安定性、に優れています。

赤外線カメラ付きドローンを搭載することにより、赤外線カメラ撮影が可能となります。

IMG_8596.JPG

〇搭載カメラ事例 2(DJI Mini 4 Pro 249g)

〇搭載カメラ事例 3(DJI Mini 2 199g)

〇搭載カメラ事例 4(DJI Pocket 2 117g)

■ たおれん棒 TB-005PROシリーズ

〇たおれん棒(TB-005PRO)

色々なところに立てて楽しめます。
(オプション品のリモコンで起動及び制御パラメータ調整できます。)

〇たおれん棒R&D(TB-005PRO/R&D)

研究開発用、パソコンと通信できTCP通信で操作モニタリングができます。
20211021たおれん棒TB-005proパンフレット.jpg
tb005pro.jpg
​ブランコを漕ぐ、たおれん棒

■ 点検ポール(TB-001PRO)
  (軽量ポールのみで、パワーユニットなしで使用します。)

★20210312たおれん棒TB-001proパンフレット(税込).jpg
bottom of page